出典 nature.com

連日盛り上がっている神投資案件現代の錬金術(←クリックで記事に移ります。)

こちらかなり日本のビットコイン需要に火を点けているようですね。

“仮想通貨こと暗号通貨”を実際に稼ぎながら学ぶにはとても最適な案件でもありますし、

「これからビットコインを始めて扱います!」

という方からも多数ご連絡いただきますし、まだまだ当分この流れは続きそうです。

このビットコイン、2017年7月を目処に、現在取引所などでの購入時にかかっている消費税を非課税にするとのことですし、

同翌年、全世界でAmazon、アリババ(Ali express、Taobaoなど)でビットコイン決済がスタートするようですから、

更に一気に需要の爆発、および更なる価値の上昇もやはり期待されますね。

 

取引回数の問題

ビットコイン需要が増えると当然予測されるのは、“スケーラビリティの問題”です。

ビットコインはインターネット上に存在するプログラムでの決済処理システムと言えるので、

実験として作られたビットコインは、

もともと流通使用を想定して作られてはいないため、

内包するブロックサイズ(内容を書き込む容量)や処理速度の数値が低く、

 

“1秒間に7回を超えると取引遅延や最悪の場合はブロックチェーンが停止してしまう?”

 

といった懸念もされています。

参考までに、現在可能な1日のビットコインの最大取引回数は604800回、

通常のVISAやマスターカードといったクレジットカードサービスを提供している企業では、1日に4~5億回もの処理を行っているそうです。

合わせて言えば、

世界にある現存しているお金の総量(マネーストック)は$70trillion(8000兆円ほど)に対し、

時価総額ランキング不動のNo.1“ビットコイン”の時価総額総量(円換算)は現在約1.5兆円、

出典 The Money project/Crypto-Currency Market Capitalizations

このレベルですでに1秒間の取引回数はもう5回にまで達しているそうです。

もう少し需要が増えたら1秒間に7回なんて取引回数はすぐ届いてしまうところまできているわけですね。

 

採掘(マイニング)コストの問題

仮想通貨こと暗号通貨はもともとの発行総量が定めれています。

ビッとコインで言えば“2100万ビットコイン”です。

法定通貨は経済などのバランスから増やしたり減らしたりしてその量や価値を調整したり出来ますが(金融緩和など)、

ビットコインを代表とする暗号通貨は、リリース時点ではその総量のうちの1部だけが発行され、

市場公開後はその残された総量から、

新たに発行されるものを取得するための作業に参加することでしか手に入らないため、

世の中に必要とされているものは当然需要が増すので価値が上がるわけですね。



この新規取得における作業というのが、その(暗号通貨を用いた)取引の整合性を認証するための作業であり、

ブロックチェーンの取引台帳に書き込む作業というわけです。

この書き込む作業には、ある計算問題が出題されるのですが、じつはとくに難しい問題でもなくそれなりのコンピューターと専用の取引ソフトをインストールすれば誰でも参加は可能です。

その問題が出題されるのが、ビットコインの場合“10分に1回”で調整されているため、

決済が遅くなるという特徴でもあるのですが、それ以上の問題点は、

“参加者の増加による競争の激化、それに伴うコスト増”

ですね。

ようは10分に1回出題される問題を1番早く解いた1人が、新しく生まれるビットコインをもらえるという何も難しくはない仕組みなわけですが、

6年で“90万倍の価値”を持つビットコインです、、、

どれだけ多くの参加者がいるかは想像に難くないですよね?

もともとの総量が決まっていて、まだ見つかっていないものを新たに見つけるこの作業は、

よく「金の採掘」にも似ていることから、“マイニング”と呼ばれ、

昔はツルハシでもスコップでも楽に掘れていたものが、いまでは大型重機やパワーショベルですら採掘は困難なものになってしまっているのが現状です。

当然自宅のパソコンに専用ソフトさえインストールすれば、このマイニング作業に参加すること自体は出来るとはいえ、

ツルハシやスコップで大型重機やパワーショベルには到底かなわないのと同様に、

マイニングに使用するパソコン自体も、今では数百台を繋げたり、スーパーコンピューターレベルで挑むのは当たり前で、専用マシンまで登場するまでになっています。

高性能な分、それだけ発熱も当然ものすごく、熱を冷やすための冷却システムなども必要になり、電気代も物凄くかかってしまい、
マイニング参加率の7割を占める中国の施設では、月に1000万以上は当たり前のようです。

それだけ大掛かりな設備を導入して見合うだけのリターンがあげられればいいですが、

今年半減期を迎え新規発行量も半分になったことを考えてみると、普通のパソコンでは太刀打ちすら不可能以上に、それらスーパーコンピューターや施設規模ですら今後一体どれぐらいの設備投資が必要になるかは想像も出来ませんよね。

 

新しいビットコインを!

ビットコインには財団や運営自治体のような母体がありません。

そのためプロモーションや普及に関するインフラ整備を積極的に行う団体がいないため一般には全く普及しておらず、やはり、

“怪しいもの”、“よくわからないもの”、

といった位置付けがまだまだ普通だったりします。

法定通貨とビットコインなどではまだまだ知名度も認知度も信用度も違うとはいえ、

ビットコインがもたらした仮想通貨こと暗号通貨の技術には、やはり特筆し難い利便性があるのは当サイトに起こしくださっているみなさまでしたらよくご存知だと思いますが、

どうしても人というものは、

自分の身近に無いものや経験したことがことに対してはすぐに警戒感や猜疑心の目で見たりするものです。

ですが、

すべての暗号通貨が本物ではないとは言え、やはり時価総額ランキング上位に君臨するものは、

すべて『必要とされている』からのランキング上位なわけですよね?

インターネットを捨てれないように、携帯電話やスマートフォンを捨てれないように、

人は1度便利なものを知ってしまえば、もう後には戻れない生き物です。

 

『知ってしまえばなんてこと無かった!』

 

そんな食わず嫌いだって日常多々ありますしね。

まだまだ一般へ普及するには時間もかかるかもしれませんが、

こうしたビットコイン問題を解決すべくして、様々な研究や取り組みは今日も日々世界中で行われています。

利便性を知り、増加する需要を受け止めきれる受け皿がビットコインには無い以上、

“新しいビットコインを!”というように、

現在プレセール最終4期のカルダノ【エイダコイン】、

そして先日世界に先駆けここ日本で全貌が公開されたノアプロジェクト【ノアコイン】

これらはすべてこうしたビットコイン問題に対する、

“新たなアンサー”

としての1面もあるというわけですね。