出典 silicon ANGLE

エイダコインの交換最終期や、まさに年末の日本に舞い降りた神レベルとも言える投資案件、

今後の世界の動向に相当なインパクトを与えてしまったとも言えるトランプショックなどなど、

日々世界中でも需要が高まり価格上昇が止まらないビットコイン。

代理店報酬や神案件配当として受け取るビットコインも、

たしかに今後の価値の上昇を見込むのであればそのまま受け取った個人のウォレット(ブロックチェーンのお財布など)で保有しておくのも手ではありますが、

やはり稼いだなら少しはレジャーやホビーなど楽しみに使ったり、生活費の足しなどにもしたい所ではありますよね。

ていうことで今回は、

“お財布で受け取ったビットコインを円に換金する手順・方法”

を解説したいと思います。

♦ビットコインを換金しよう♦

簡単にビットコインの換金手順の順番ですが、

1、ご自分のブロックチェーンウォレットからビットコインの取引所に開設した自分の口座に送金する 

2、取引所で送金したビットコインを売る。

3、売って円にしたビットコインを自分の銀行口座に出金する。

基本的にはこの手順になります。

ようはビットコインを購入するときの真逆の手順ということですね。

h
ではまずはご自分の専用ビットコインウォレットから取引所の口座に移しましょう。

今回はビットコイン入門としてオススメしたこともある仮想通貨取引所の、

“bitFlyer” ⇒【関連記事はこちら】

合わせて同じくオススメしたビットコインウォレット、

“BLOCKCHAIN.info” ⇒【関連記事はこちら】

こちらの2つを用いて解説していきますね。b

b
① ビットフライヤー口座にログイン

まずご自分のbitFlyerアカウント口座にログインし、

左のメニュー一覧から「入出金」の項目を選択しページを開いてください。

BTC(ビットコイン)を受け取る受信ページを開く

BTC受信アドレスをコピー

スマホアプリからの場合はアプリにログイン後、左上の3本横線のところをタップしメニューを開き、

“設定”を選択、開いた項目欄から“入金用アドレス”を選択し受信用アドレスをコピーしてください。

<注意!>
アドレスについてですが、手入力などですとアドレスが長いため入力を間違う可能性があります。
必ずコピー&ペーストを使用するようにしてくださいね。

BLOCKCHAINのお財布にログイン

BLOCKCHAINのお財布にログインし「送信」の所をクリックしてください。

スマホアプリからの場合は画面右下に表示の十字のところをタップすると送信・受信、が表示されます。

同じように送信を選択し、表示された送信フォームの宛先入力のところにコピーしてきたアドレスを貼り付けてください。

コピーしたアドレスを貼り付ける

bitFlyerでコピーしてきた受信アドレスをお財布の送信ページの「宛先」に貼り付け、

送信したいビットコイン数量を入力し最終確認ページに移ってください。


 

成功しますと下記の画像のような表示がでます。

しばらくしますとbitFlyer口座のほうに反映されますのでご確認ください。

では次に先ほどお財布からbitFlyerに送金したビットコインを換金してみましょう。

ビットコインを売る

再度bitFlyerアカウントページを開く

bitFlyerの専用口座アカウントページに再度入りましたら、

左のメニュー一覧から“ビットコインの販売所”を選択しビットコインを売買するページを開いてください。

売却したいビットコイン数量を入力し「コインを売る」をクリックししますと、

小窓が開き“6秒以内に~”との同意を求める表示が出ますので、

内容にお間違いがなければ注文実行をクリックして頂ければ売却完了です。

スマホアプリの場合は画面左上の3本横線をタップしメニューを開き、“売買”を選択しお手続きしてください。


ブロックチェーンのお財布から0.01BTCをbitFlyerのアカウント口座に送金し、

その分を売却したので上記の残りBTC数量が0.01BTC分減っていますね。

ここまで来たらあとは簡単です。

再度左メニューの“入出金”からbitFlyerアカウント開設時に登録した銀行口座を選択し、

金額を入力し“一番下段の“日本円を出金する”のところをクリックしてもらえれば換金手続きは完了です。

しばらくしますと銀行口座のほうに反映されますのでご確認ください。

最後のボタンのところは一度のクリックで出金手続き完了になってしまい、

お手続き後は取り消しはできませんので入力内容などはしっかりご確認の上よろしくお願いいたします。

もう1つのオススメの取引所“COINCHECK”でもほぼ同様の手続きになります。

こちらもまた記事にいたしますね。