ヒビキです。

ビットコインや仮想通貨。

あちこちで話題にあがることも多くなってきたのと同時に、

よく耳にするようにもなった「トークン」という名称。

「仮想通貨もトークンもようはおんなじものでしょ?違いはあるの?」

と思ってらっしゃる方もまだけっこういらっしゃるのではと思いますので、

今回このへんの違いについて、簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨とトークン

仮想通貨とトークンは同じ意味合いで使われたりすることが多いですね。

たしかにどちらも同じインターネット上を走るデジタル通貨ではありますが、厳密にいえば少し違いがあり、

大まかに言うと“カレンシータイプ”と“アセットタイプ”に分類されます。

カレンシータイプの仮想通貨

“それ単体で独自のブロックチェーンを持っているもの”

これらの仮想通貨は総称し【カレンシータイプ】と呼ばれます。

ビットコインやライトコイン、イーサリアム、カルダノADAやNEOなんかがこれにあたりますね。

それらを発行した大元は存在すれど、そのシステム自体を動かす管理者はブロックチェーンベースの分散型なので当然不在。

不正も改ざんもできず、ただただ永劫に残る取引履歴や記録を格納しひたすら止まることなく突き進むのみのブロックチェーンをそれぞれ独自に持つのが、このカレンシータイプと呼ばれる仮想通貨ということです。

独自プラットフォームを持つカレンシータイプ

このカレンシータイプの仮想通貨の特徴ですが、

これらはすべて、それぞれが持つブロックチェーンを利用するため独自のプラットフォームを持っています。

  • 決済通貨としてやり取りするだけのシンプルなプラットフォームの「ビットコイン」「ライトコイン」
  • スマートコントラクトという自動契約執行の技術を合わせ持ったプラットフォームを持つイーサリアム」「NEO」
  • 他の多くのカレンシータイプの仮想通貨のように、システムアップデートのためいちいちハードフォーク(分岐・分裂)する必要もなく、ハスケルという独自言語のブロックチェーン、当然スマートコントラクトも兼ね備えた「カルダノADA」


これらカレンシータイプの仮想通貨は、多くのICOプロジェクトのようなそれ自身で何か特別なサービスを提供したりするようなプロダクトを持つわけではなく、

純粋に通貨としてその技術力やプラットフォームを普及・流通させる目的で作られています。

定められた総発行枚数、そしてマイニング

カレンシータイプの仮想通貨、もう1つの特徴としては、

最初からしっかりとプログラミングで定められた総発行枚数が存在しているということですね。

後から増やすことも減らすこともできません。

ビットコインで言うなら2100万枚。

その全てはまだ世の中に出回っておらず、ブロックチェーンを稼働させるためのエンジン“マイニング”により10分に1度新しく12.5BTC(2018年3月現在)が誕生してきています。

マイニングは、カルダノADAのように、

指定されたウォレットなどに保有しているだけで、その保有率などからの算出により、自動的に新たに生まれる仮想通貨が分配される“PROOF OF STEAK(プルーフ・オブ・ステーク/POS)と呼ばれる新しい方式を用いているものも存在しています。

アセットタイプの仮想通貨【トークン】

セントラリティやWowooなど、昨年からさまざまなICOプロジェクトがスタートし仮想通貨界隈を賑わせてもいますが、

これらICOプロジェクトが発行する仮想通貨は、そのほとんどが【アセットタイプ】と呼ばれます。

このタイプの仮想通貨のことを“トークン”と呼び、“トークン=代替通貨”という意味ですから、ICOを行う企業がそれぞれ作ったサービスや、そのプラットフォームを利用するためのお金に替わるものが、これらトークンというわけです。

買い物をしてもらえるポイントやゲームのアイテム、抽選に応募して当たった際の引換券的なものも引っ括めていえばトークンと呼べたりもしますね。

アセットタイプの仮想通貨“トークン”その特徴

トークンの特徴ですが、これらトークンにはカレンシータイプが備えるような独自のブロックチェーンというものは存在していません。

基本的には既存のカレンシータイプのブロックチェーンを利用し、そのプラットフォーム上で作成されるものがほとんど(てか全部)で、

主にスマートコントラクトを実装する仮想通貨(イーサリアムやNEOなど)上で作成されています。

セントラリティはイーサリアムの上に、WowooはNEO上に、といった具合です。

ようはトークンそれ自体にカレンシータイプのような技術はなく、カジノのルーレットマシンを回すためのコインみたいなものとそこまで変わりありません。

重要なのは“そのマシン自体のほう”ということです。

このマシンの位置付けになるものが、いわゆるICOを行う企業が新しく世の中に打ち出したいと構想し、ホワイトペーパーに記述する仮想通貨の技術力を生かした新しいサービスというわけですね。

なぜ他の通貨を利用するの?

利用は簡単。

d

作りやすいからです。

d

ブロックチェーンを1から開発するとなると、それなりの時間や開発費用も当然かかりますし、仮想通貨自体がまだまだ始まったばかりの黎明期のため技術者が足りていません。

イーサリアムやカルダノADAを作った天才数学者“チャールズ・ホスキンソン”に匹敵するような技術者がそう簡単にあちこちにいると思います?

当然いるわけないですよね。

ビットシェアーズ(Bitshares)も合わせれば作った仮想通貨すべて三打席場外満塁ホームラン達成させてしまってるような人です。

だったらその技術力を使わせてもらったほうが1から独自に全てを開発するより、

既存の有能なブロックチェーンを利用して作ったほうがはるかに時間もコストも抑えられますし、当然技術においても安心ですね。

不変な総発行枚数やマイニングもないのもトークンの特徴

トークンは、その総発行枚数というものも厳密には定まってはおらず、リリース後(取引所に上場後)にその総発行枚数を増やしたり減らしたりすることも可能です。

(基本的には事前に決められてるものですがw)

当然独自ブロックチェーンではないためカレンシータイプのようなマイニング的なものもありません。

(ノアコインも、もともと当初はカレンシータイプの仮想通貨になる予定でしたが、最終的にはイーサリアム上で作成されるトークンという形になりました。)

アセットタイプのトークン、その種類

さて、アセットタイプの仮想通貨“トークン”ですが、

こちら種類としては大まかに「3つのタイプ」が存在しています。

  1. 企業が行いたいプロジェクトに資金を提供(投資)し、その見返りとして受け取るトークンが仮想通貨取引所に市場公開されてからの値上がり分が儲けになる《投資トークン》
  2. 保有することで、株式による株主配当や優待特典みたいなものがついてくる《株式トークン》
  3. そのトークンを利用することにより何かしらのサービスや恩恵が受けられる《ユーティリティトークン》

ICO自体もまだ歴史は浅いですが、少し前までは1の投資トークンがほぼメインだった印象ですが、

【アセット=資産】

というその意味が示すように、

この頃2と3のような保有することや使用によりメリットが受けられるトークンの種類も増えてきたように感じます。

2の株式トークンのわかりやすい例としては、REGAINENVIONといったマイニング系のトークンですかね。

トークン保有によりそれら企業が行う新しいマイニング事業で得る利益を分配してくれる、ってかんじが主に一般的。

(これらマイニング系のトークンは、年間161%リターンなどと詠っていたりもしますが、くれぐれも鵜呑みにはしないように笑。収益は時期によりバラバラですw)

ノアコインが保有により初年度20%の配当が分配されるのも、こうした株式トークンの役割と同じですね。

 

3のユーティリティトークンは、先日ご紹介したMAXBOXのMBトークンWowoo ExchangeのWWXなど、取引手数料の割引きや利益分配が受けられる仮想通貨取引所自体が発行するトークンや、

GIGAWATTというカナダのマイニング企業のWTTトークンのように、

マイニングにおける電気代としてそこでマイニングを行う顧客にこれらトークンを電気代としてレンタルし、そこから報酬を得られるようなタイプのものまで幅広く存在しています。

美人姉妹が運営するオーストリアを拠点とする豊富な水資源によるグリーンエネルギーをマイニングに利用するというHydrominer(ハイドロマイナー)のH2Oトークンも、そういったかんじ、ですかね。

《美人すぎる~と名付けたい気分w。HydrominerのCEOナディン(右)と妹のニコル(左)》

出典 IRISH TECH NEWS

まとめ

簡単に従来の仮想通貨とトークンの違いについて解説させていただきましたが、

もっとも端的に言えば、

カレンシータイプはプロダクトを載せるためのシステムの基盤となるもの、

アセットタイプはその基盤上でどんなゲームにするか?みたいな内容のもの、

それらは相互に補完し合い、AIやIoTが結びつくこれから進む世界の大変革の未来を形作る重要な役割を担う大切な技術とも言えますね。

簡単ですが、今回は以上になります!