こんにちは、ヒビキです。

既にご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、

当サイトでもご紹介したことのある日本の仮想通貨取引所として有名な

【bitFlyer(ビットフライヤー)】

このbitFlyer(ビットフライヤー)が今月打ち出した広告キャンペーンモデルに

女優の“成海璃子”さんを起用したことで盛り上がっていますね。

成海<成海璃子さんについて>

成海 璃子(なるみ りこ、1992年8月18日 – )は、日本女優ファッションモデル

本名及び旧芸名、塚本 璃子(つかもと りこ)。研音所属。

5歳の頃より芸能生活をはじめ現在24歳、様々なドラマや映画にも出演。

神奈川県横浜市神奈川区出生、川崎市出身。堀越学園高等学校卒業[1]
(出典 Wikipedia)

昨年喫煙スキャンダルなどが発覚し清純派としてのイメージが崩れ干されている?等の情報も出回ったりしているようですが、

普通に最近でも各種ドラマや映画の主演などもつとめしっかりご活躍されてるようですよ。

出典 無伴奏/natalie

この成海璃子さんを起用したネットCMも幾つかアップされていますね。

 

「世界を変えるコイン」

とってもポップな仕上がりがとても好感度高いです(笑)

~世界を変えるコイン~

【ビットコイン】

まだまだ一般的には怪しいとかよくわからないものと思われている仮想通貨ですが、

こうした有名な女優を起用したり、ポップでキャッチーな仕上がりのネットCMを打ち出したり、

インターネットの発展によりますます右肩上がりのソーシャルメディアの力を利用し、

まだあまり知識を持たない一般の間にも浸透していくためにもとても良い戦略だな~と感じました。

加えて昨日の日経新聞にもデカデカと載っていましたね。

左の女子高生はなんとCGで表現しているそうですよw

余談ですが、この1面広告掲載費はなんとおおよそ3000万円だそうです(驚)
ですので合わせて全国紙“日経”12月30日版の3面ですと
軽く1億近くかかっているということですね。。。あわせてギャラや制作費など合わせると・・・
広告費ってスゴイですね~w

まさにバーチャルカレンシー(仮想通貨)に合わせて“バーチャルJK(仮想女子高生)”といったところでしょうか(笑)

3大メガバンクと実証実験を行っている独自のブロックチェーン「miyabi(ミヤビ)」のリリースや、

仮想通貨取引所向けの保険など、さまざまなプロジェクトも打ち出していますし、

このbitFlyer、ますます日本の取引所として世界でも有名になっていきそうですね。

今日は大晦日、2016年最終日ですが、

ビットコインも勢い留まることなく上昇を続け、最高値を捉えるのももう時間の問題かもしれませんね。

まさに翌年2017年は

“仮想通貨元年(暗号通貨元年)”

とも呼べるような年にもなるのかもしれませんね!